« またまた《新年会》 | トップページ | 《おしゃべり&負けず嫌い》のハル »

新年そうそう《小児科》へ

激込みを覚悟しての小児科hospital

昨年から引き続き、リュウの鼻水&咳sweat02

最近、酷くなったような…down

ハルは復活しているが…「薬飲む」と言い張りcoldsweats02

「病院行く」「先生行く」と、先生大好きハルheart04

いざsign01出陣sign03hospital

いつもと同様に、《車は横付け》で、受付へ提出hospital

《玄関の外に看護婦さん》が。

『あれっsign02 誰かを探しているのかなぁsign02』と。

ゆっくりのんびりと駐車して、子どもを降ろし…

「ちはりさん。入って下さい。先生が待ってますhappy01

へっsign02

病院は【閑古鳥が鳴いていた】happy02

『明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いしますhappy01

「クスクス…」

ウケたcoldsweats01

病院で《今年もよろしく》は確かに《無し》かなぁsign02

「ハルちゃんはsign02

『ハルは付き添いです。たまに咳と鼻水が出る程度です。

《薬もらう》ウルサイから連れて来ました。

《先生に、薬は終わりって言われたら、諦めなさい》

言い聞かせてあります。薬は入りませんのでhappy01

「クスクス…」

またウケたcoldsweats01

診察後

「自分の力で、治して貰いましょう」

と、ハル完治scissors

「薬」とハルが聞く

『先生が外に出ていいって。ハルの薬は終わりhappy01

リュウは

『ヘンな音の咳をします。鼻水とタンが絡む状態です』

グズグズ泣き出すリュウweep

昨年末にやっと病院慣れしたのに…

今日は、待合室で遊べなかったのが、

またまた、楽しくない場所へと、逆戻りになったsweat02

診察後

「胸の音はいいんだけど。喉が赤いの。

炎症で腫れているから、喉が細くなっている。

炎症を抑える薬を処方します。」

鼻水の吸引

「ギャーsign03ギャーsign03ギャーsign03ギャーsign03crying

リュウには《病院はイヤな場所》と、インプットされたshock

薬局で…

状態を話したら

「この薬は、先生は滅多に使わないのよねぇ。

他の病院では、よく使うんだけど…」と、薬剤師。

私が、かかりつけの小児科を選んだのは

《薬の処方》《医師の対応(レベル)》

以前に、ハルの発熱で、

夜間の診察で、他の小児科へ。

「中耳炎」と処方されて、服用した化膿止めの薬。

その後…下痢が続く結果へと導いたdown

かかりつけ医へ。

「薬に負けたわねぇ。

中耳炎にはなっていませんよ。」と。

保育士時代、

耳鼻科風邪薬は、よく効いたhospital

効き過ぎて恐かった。子どもの体には良くないのではと。

かかりつけ医は、負担の少ない薬からスタートする。

《これから現れる症状》も教えてくれる。

時には《薬が効かずに、悪化する》事もあり、

翌日に、また受診しても、快く次の薬を処方し、

どうして悪化したのか、

その病気の一般的な症状と、これからの過程を説明する。

内科・耳鼻科・皮膚科まで、

一手に診察してくれる。

子どもでも《人間の治癒力》を尊重してくれ、

ハッキリと「薬は終わりです」と、治療終了を知らせる。

そして、最後に

「お母さん、頑張りましたねぇ」と、

母親までも誉めてくれる。

そんな

信頼できる医師に出会えて、

心から、良かったsign03と思う。

だが…

いつも激込み。 予約制だが、1時間〜2時間待たされる。

今日は、ラッキーsign03であったscissors

最後に…

発熱しても、滝の様な鼻水でも、

ハルが《中耳炎》になった事は、全く無い。

誤診だったのか…と、疑いたくなる。

医者選びは大切であるsign03

|

« またまた《新年会》 | トップページ | 《おしゃべり&負けず嫌い》のハル »

育児」カテゴリの記事

コメント

命を預けるんだから、まさに『医者選びは大切』ですよね。

投稿: 壱鬼興業 | 2009年1月 5日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035131/26836519

この記事へのトラックバック一覧です: 新年そうそう《小児科》へ:

« またまた《新年会》 | トップページ | 《おしゃべり&負けず嫌い》のハル »