« ちはりの言いたい放題! | トップページ | 幼児パズルと、ハルの成長 »

保健センターの育児サークル

保健センターからの電話telephone

「ハル君がしゃべらない、以前心配されていたので。

保健センターの【いっしょに遊ぼう会】に参加しませんかsign02」と。

ハルは、《遅れている訳でも無く》

《問題点も無い》 

ヤンチャ坊主sweat02

別に参加する事も無いが…

元保育士! 何をしているのか興味が湧いて《参加した》

1才半〜3才の子ども達を対象。

9時半〜なので、リュウも連れて行った。

最初に【体操】【ダンス】【親子のスキンシップ】notes

ハルは、ノリノリnotes

037

途中、先生(保育士だろう)の相手に、連れて行かれた。

喜んでいるhappy01

039

その反面、

先生や保健師の抱っこを拒絶し、

足元から離れないリュウ。

その後は、

【お返事】と、【シール貼り】

手際の悪さで、待たされる子どもは飽きてフラフラする。

勿論sign03 ハルもcoldsweats01

やっと、【お遊び】

ハルは、目についた玩具を渡り歩くdashdash

(落ち着きが無いと、思われても仕方が無い)

040 041

042 045

リュウは、おんぶを嫌がり、遊びたい。

やっと遊び出し、楽しそうhappy01043 044

046

047

ハルは…遠くで遊んでいる。

しかし、

ハルの行動は、随時チェックをしている。

が…

「お母さん、《上のお子さん》来ているのだから、

上のお子さんに付いて【よく見て】下さいpout

下のお子さんは、私達が見ますからsign01

はいはい。そうですか。

少々ムッとしたママpout

しかし、顔だけ《平常心》

だが…

ギャーーーーcrying

ママが見えなくなり、泣きだすリュウ。

「ママはいるよ」と、

他の保健師さんが、リュウを連れて来た

楽しく遊んでいるハル。

が…

遊びが乱暴になる。

随時、保健師さんに注意され、

「お母さん、ハル君と遊んでsign03

はあ…down

《スポンジ積み木》で門を作ったお友達

ハルが壊した。

ハルも作り始めたが…他のわんぱく坊主にされた。

『みんな、《壊すのが楽しい年齢》だもんね

いいんだよhappy01

ハルには、

『壊されると悔しいでしょう。

ハルが壊したら、お友達も悔しいんだよ』

ポーーッとしているハル。

保健師さんに、ママは怒られ、

ハルは注意され…

私流の反撃

『この中で、ハルが一番大きいのですか?

ハルは、まだ2才なんですけど。

3才児健診に来た子もいる。」

やっぱり…

把握していないで、

目についた人をターゲットにしているじゃん。

最後に、【初めて来た子の紹介】

ママ『ハルは何才?』

「2才scissors

『2才です。今月3才になります

皆が驚いた顔をした。

体がデカイ損である。

帰りの支度。

リュウの支度を終わらせ。

『ハルーsign03 帰るよー』

振り向いたら

ハルがお友達と走り回っていたdash

そんなに楽しかったんだぁと、思っていたら…

「お母さん、呼んでちゃダメよsign03

連れて来なさいpout

最後の最後まで《悪いママの見本》

『ハルちゃん、ありがとうございましたは?』

「ありがとー」 頭を下げるハル。

『ありがとうございましたーsign03

お世話になりましたhappy01

大声&笑顔で言って帰った。

実家へ帰宅house

『頭きたーーーsign03sign03

と、機関銃攻撃

ばば 「次からは、行くのをやめなさい。

楽しくないでしょう

ごもっともですsweat02

一番、面白くなかったのはリュウだと思う。

楽しく遊び出す…気づくとママがいない。

不安な思いをさせてしまった。

子どもは、ママは必ず居てくれる

という安心感が有るから、

親から離れて遊べるのである。

今日は、リュウにとっては、マイナスになった。

このサークルは、何が《ねらい》なのかsign02

ハルは《しゃべらない》のが、きっかけの筈。

しかし…

内容は、どう見ても《遊び場の提供》 である。

子どもの後を追いかけているだけで、

他のママとの交流も無いまま終わった。

《子どもと向き合って遊ぶ》場なのか…

専業主婦は毎日sign03子どもと遊び、向き合っているのである。

私は、ハルばかりを相手にしている事が多い。

こういう場

(ハルが、めいっぱい興味を示し、遊んでくれる)こそ、

リュウに向き合ってあげたい。

傍から見ると、《リュウばかり相手にしている》

ように見えても仕方が無いが…。

今日、

学んだ事がある。

☆3才になる子に対して

 親がベッタリくっついて遊ぶ必要は無い。

 自分で遊びを見つける事が大事。

 親は、離れた場所から《見守る》方が良い。

3才から、お友達と遊ぶ。

 それまでは、一人遊びの段階。

  と、学生時代に学んだ。

  

  2才でも、友達と関わるのに何でだろうsign02

  と、正直な所、理解していなかった。

  《スポンジ積み木》で遊んでいて、気づいた。

 3才を過ぎないと、

 友達の気持ちが理解できない

 のである。

 遊んでいても結局は

 自分の世界なのである。

 

 だから、

 『友達が作ったんだよ』と、再三に渡り注意しても、

 ポーッとしている2才がいるのである。

 やっぱり、

 

 

 3才を過ぎないと

 《友達と仲良く》は、難しい。

ママをしていて…

また一つ学んだ。

|

« ちはりの言いたい放題! | トップページ | 幼児パズルと、ハルの成長 »

子育てサークル」カテゴリの記事

コメント

いくら上の子の事で来てるって言ったって、リュウ君の年でママから離れられるわけないジャンね。
ひどい・・・
それに、2~3歳って、一番成長する時期で、月齢が少しでも違うと、かなり成長に差が出てくるし、できる子とできない事のさもあるのに、分かってなさ過ぎ。
怒りがこみ上げてくるの、分かりますよ。
そんなところ、次から行かなくていいですよ、ババちゃんのおっしゃる通り。
まだまだ成長する時期です、これからですよ~。

投稿: ma-cky | 2009年2月13日 (金) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035131/28026465

この記事へのトラックバック一覧です: 保健センターの育児サークル :

« ちはりの言いたい放題! | トップページ | 幼児パズルと、ハルの成長 »