« ゴタゴタしていて… | トップページ | 1年です! »

今日から【別居生活】に入った

別居sign02  誰とsign02

勿論、旦那である。

何故sign02

昨日、帰宅したら、【タンス】と【布団】が無かった。

それだけである。

それだけって事は無いだろsign02

昨年の5月9日にも、旦那が出て行った。

まぁ、その時は、『出ていけー!』と、

夫婦喧嘩の最後に、私が追い出した…帰って来なかった。

転職して1年未満の会社は、無断欠勤。

社長からの電話で、慌てて皆で探したが、見つからなかった。

しかし、

結婚1ヶ月前に《追い出され》

帰る家も無い!!と、泣きついて来た筈の、

実家に居た。

今回も、ゴールデンウイーク中に、実家へ帰宅させたら、

私の留守を見計らって、

自分の荷物だけ(タンスと布団)を、持ち帰った。

夜に、【メール】で、

《離婚を決意しました。

書類関係は揃え後は記入するのみです。

○離婚届け

○家裁での離婚調停申立て書類

休み明けたら裁判所行きます》

【鳩が豆鉄砲をくらった】とは、この状況である。

一度ならずも、二度も【旦那に捨てられた】《ちはり》である。

そもそも、私達の結婚が間違えだったのかも知れない。

ハルとリュウの宝物は手に入れたのは、最高の幸せだが。

旦那の親は、

精神科に連れて行きたくなる程の《嘘つき》である。

この事は、現在は、旦那も認めている。

お金に関しては、特に酷く、

人を騙しても!位の人達である。

そんな家庭に【常識】が通用する訳も無く…

結婚一週間前には

《結婚式場の関係者に渡す祝儀》を、

旦那の親に【ネコババされる事件】も勃発!

(私のお金だったので、殴り込みに行き、取り返した)

結婚を取りやめる訳にもいかず、

《旦那はそんな人では無い!》と、

自分に言い聞かせ、無理して結婚。

結婚前の、ゴタゴタを忘れたのか、

旦那の母は、《自分の用事で呼び寄せた》客を、

我が家に【昼時】に連れて来て、

リュウを妊婦中の私に、《昼食の用意》をさせた。

大人6人、幼児2人の食事を、急遽私が作った。

その後も、お昼前に我が家へ来ては、

私のおもてなしを期待する等…

急に来ては【次男の嫁】をこき使い、

同居の嫁の悪口や、人の悪口をネタに、

延々と雑談して帰る。

千葉へ追い出した、お婆さん(旦那の父の親)の納骨では、

姪達の子守り担当。 

1才のハル。 実家の姪。 知能遅れの姪の、

子守りをしながら、お茶くみ。

目上の人がお茶出しをしているのに、

お姉さん達、嫁は何も動かない。

法要へ立ち会ったが、

子守りの私が、3人を連れて《ご焼香》

親達は、何をしているんだ…状態。

「温泉へ行こう」と、初めて誘われたので参加。

しかし、リュウを妊娠中。

妊娠初期の体で、ハルの子守りの為に、入浴。

だが、知能遅れの姪の子守り担当で、

誘われただけだったのだ。

結婚前〜リュウの出産まで、

旦那の一族には振り回されて来た。

旦那の親は、迷惑極まりない存在である。

【結婚は家と家との結婚】

【格下には嫁ぐな】

昔の人の素晴らしい助言である!と、

今になってしみじみと解る。

若い人達に伝えたい言葉である。

私は、【産後の血の巡りが悪い】のか、

産後はノイローゼ気味になる。なりやすい位かな。

妊娠中毒症を発症する体質もあり、鞭打ち悪化もあり、

産後は3ヶ月、実家にいた。

と言っても、

ちょこちょこと、帰宅して、掃除等の世話はして来た。

旦那も週末には来て、

私の母に、食事だけでなく、洗濯までもさせて来た程、

《肩身が狭い》とは言え無い、

図太い心臓の持ち主である。

結婚前の、ゴタゴタの最初は、旦那の家である。

「追い出された!」と、泣きついて来た旦那。

衣服だけ、持って来た位の状態だった。

家の中の物は、全部!!と言っていい程に【私の物】

1年前の【追い出した件】で、

《タンス》と《布団》と《軽自動車》の三点セットを用意させた。

結婚三年で、やっと用意した、《婿入り道具》である。

しかし、私が嫁いだのである。

婿を貰った訳でも無い。

ハルを出産時、旦那の一族は、

母親が来ただけである。

「立て替えの祝儀だから」と…

香典でも無いのに【立て替え】と、強調した。

お姉さん(2人)・実家のお兄さんが、

見に来ないのはまだしも…

父親も全く見に来なかった。

男の子は【初孫】にも関わらず…。

リュウの時は、母親が、「ナイショだから」と、繰り返し言い、

産後の私を、産院の廊下に立たせたまま、

《他人の悪口&自分可哀想話し》を、いつもの様に、

永遠と話して帰った。

リュウの内祝いを、用意したが、

「ナイショだから、持って来るな!」と、断られた。

父親はsign02

勿論、見にも来ない。 未だに、リュウに会っていない。

そんな、両親である。

今日、話し合いをした。

何を考えているのかを知りたかったのだ。

何故、【二度も捨てられるのか】 【裏切られるのか】

話しにならなかった。

元々、《人の話しを聞かない》

《プライドだけが高い》人だった。

私の両親がいるにも関わらず、

「お世話になりました」

「ご迷惑をお掛けします」

「急な事で申し訳ありません」

何も、挨拶が無い。(期待はしていなかったが…)

それどころか、

足を投げ出し、お尻の後ろに両腕を付き、

ふんぞり返っている。

『自分の一生を決める、大事な話し合いでしょう!

その座り方は何!』

『親がいるのに、挨拶も出来ないの?』

再三に渡り注意した。

そんな態度の人間に、何を話しても【寝耳に水】

私が、ヘンになってくる。

『私に何か問題あり?』

『嫁として、ちゃんとやって来たよね?

いい嫁だと言われると、

株が上がったって喜んでいたよね?』

結局、私に【否は無し!】と認めた。

私も馬鹿な人間なので、

今後の【旦那の生活費】

【子供の積立金】

【現在の教育費】を、表にして説明した。

この不景気。給料だけでは、《引き落とし》すら足りない。

バイトをしても、余らない生活だった。

別居しても、『ほとんどがお前の出費なんだよー!』

と、声を大にして言いたい。

生活出来ない状態がやっと理解できた?

少々青くなっている? と、思いたいが…。

持参金…そんな微々たる金額では、

【養育費一括払い】すらも、足りない現状を突きつけた。

ハルを連れて、じじが買い物へ。

「帰る」と、帰宅する旦那。

ハルの帰宅も待たず、

それどころか、《リュウすらも抱かず》に帰った。

それでも【父親かよー!!】

【親権を渡す訳が無いだろー!!】

【二度と帰って来るなー!!】

と、責めたくなる私が悪いのだろうか…

【離婚は、エネルギーを使う】と、耳にするが、

《話しが通じない相手》と、

《真剣に我が子の将来》を話すのは…無理がある。

今日は、ドッと疲れた。

|

« ゴタゴタしていて… | トップページ | 1年です! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちはりさん、驚きました。
そんなことになっていたなんて・・・。

大丈夫ですか?
二人のお子さんは、絶対に離してはいけませんよ。

旦那さんの家族がそんな人たちなら、絶対にお子さんにいいわけがないですもの。

ここは、お子さんの幸せを第一に考えて、
あげて下さいね。
母は強しです。頑張ってくださいね。

投稿: COCOマミー | 2009年5月 8日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035131/29417820

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から【別居生活】に入った :

« ゴタゴタしていて… | トップページ | 1年です! »