« 新たなる、ミカン箱 (まだ続く、ミカンネタ) | トップページ | 幼稚園見学会 »

母は強し!!多動症が何さ!! 頑張るゾー おー!!!

12月9日

昨日一日で、大分めげたdown

毎月、行っている

【保健センターでの、身体測定】

多動症について、質問してみた。

『多動症だと言われました。』

落ち着きが無い子だと思って下さい。

集中力が無い、続かないだけなのです。

ふーん。確かに、今のハルには当てはまる。

☆頭がいい子。知能遅れ。

 いろいろなケースがあります。

頭のいい子が、知能遅れになる訳では無いのね。

障害児とは…いいきれない。

 こういう傾向がある子。

早い話しが、障害者手当ての対象には、

ならない為、自力で生活力を付けなければならない。

1才から、多動症は兆候がでる。

んっsign02 ハルは2才半過ぎてから、オカシイんだけど…

病院への紹介は、症状が酷い子のみ。

それも、まだ年齢が小さく、判断が出来ないし、

病院の予約を入れても、2~3ヶ月先になる。

ふーん。それじゃぁ、

疑われた状態で、疑いは晴れないんじゃん。

小学校低学年の間は、

もう一人先生を付ける事ができる。

まぁ…それは得よね。

お父さんは、何て言ってますかsign02

それを聞くか…sweat02

名前も変更しているし、言ってあるのだから、

触らないで欲しいんだけどなぁ…weep

事細かに説明した。

私が、ハルに八つ当たりしていた事も、

隠さずに説明した。

「お母さんが、頑張りすぎよ。

いくら、保育士でも、理解できていても、

我が子の事は、納得できない筈よ。

いろいろ、有りすぎたのだから、

私達が、もっとフォローすれば良かったわねぇ。

お母さんが、頑張り過ぎちゃダメよ」

そう、言われても…

何度、『離婚しました。』と、話しても、

理解しなかたのは、市の職員の皆さんですsign03

それでも…

今のリュウより、

2才前のハルの方が、

しっかりしていたし、育てやすかったんだけど…

でも、多動かぁ…。

さて、午後のドラキッズ中に、

家からの電話mobilephone

「園長先生から、電話があった。」

今度は、何よcrying

帰宅後、電話をしてみた。

「教育委員会の個別相談の時に、

たんぽぽ教室へ、お誘いしたと思うのですが…。」

でたsign03 また、障害児扱い。

こっちから、質問攻めにした。

『教育委員会の相談会や、たんぽぽ教室は、

ハルだけでしょうかsign02

他にも、2~3人います。

『たんぽぽ教室は、どんな子供が行くのか』

3才児健診で、引っかかった子。

幼稚園入園前に、心配があるお子さん。

園長先生…その意味が解っていますかsign02

と、逆に聞きたい気分だった。

あなたのお子さんは、異常ですsign03

と、親は受け取りますよ。

詳しい説明を聞いて、

子育て支援課の担当者に、電話をした。

(担当者は、臨床心理士)

どうしましたかsign02 何故、たんぽぽ教室へsign02

『保健センターの臨床心理士相談会で、

多動症だと言われました』

苦笑い状態。そりゃぁそうだろ。断言できない立場なんだか。

でも、保育士だったと言った私の

『多動症って、どんな子供ですかsign02』の質問に、

「こういうお子さんです」と、言ったのは、

失言ですsign03

断言したsign03と言われても、仕方がありませんねぇ。

幼稚園にはナイショですが、元保育士だった

と、話した。

☆いろいろなお子さんをみているから…

多動症はよくわから無いと、否定した。

本当に多動症なのか…

いろいろな方に見て頂きたいと思って、電話しました。

☆私達も、今25~30人の子供を抱えて…

現場の本音である。

疑いがあるだけで、送り込まれても、対応しきれない。

☆家の中では、落ち着いているでしょうsign02

外ではsign02

いや~それが… 家の中の方が…sweat02

離婚して、同居した事。

ハルへの、虐待の一歩手前状態を説明。

☆それじゃぁ。落ち着かなくて当たり前です。

今日、多動症の子は、1才から兆候がある

言われたのですが…

ハルが、落ち着かなくなったのは、

2才半~なのですが。

それも、

夫婦仲が悪くなって、私が八つ当たりし始めてからです。

それでも、子育て支援の先生には、

「落ち着いたねぇ」と、言われるまでになったのですが…

やっと、離婚できて、引越ししたので…

今は、確かに多動症かしらと、認める言動があります。

☆それは、仕方が無いわよ。

言葉は、早かったのですが、2語文で止まり…

3才児健診では、やっと3語文。

「3才半までに、助詞が入るように」

と言われ…かろうじて助詞を使っている状態。

今は、しゃべり過ぎる程、しゃべるので、

多動症の兆候もあるのですが…

我が家は、しゃべると止まらない家系なので…

と言っている、私がどんどん早口になる。

☆リトミックは好きsign02

いや~sweat02 それが…。

体操やお遊戯が、あまり好きでは無く、

やる時は、ノリノリですが…

殆ど、興味を示さない。

好き嫌いは、はっきりしていて、

嫌いな事は、やりたがらないので、

違う遊びを選びますね。

確かに、多動症のような…

違うような…

と、親でも思います。

☆名前の生年月日を。まだ、3才かぁsign03

はい。3才です。

一応、18日に、たんぽぽ教室へ、

遊びに行く事になった。

しかし、

子育て支援課の担当者さんと、話しをして、

しっかりと、耳を傾けて、

受け入れて頂いた事に、

すごく、救われた思いがした。

いくら、元保育士でも、

我が子の障害は、受け入れられませんsign03sign03

それが、親ですsign03

さて、

今日、幼稚園見学会に行った。

ハルが多動症なのか…

と、ハラハラドキドキの時間を過ごした。

帰り際…

園長と主任に声を掛けられた。

『昨日、電話しまして、18日に行く事にしました。』

「お母さん、早いsign03 すごいわぁ」

『興味を持った物があると、

部屋から出て行くと思いますが、

外へは出ませんから

声を掛ければ、戻って来ますので。

1~2ヶ月は、手を掛けると思いますので、

宜しくお願いします。』

「みんな、最初はそうですよ。」

と、主任先生が言って下さった。

やっと、《ハルはこういう子なんだ》と、

言えるようになった。

『手が掛かります。』と、

頭を下げられるようになった。

親として、少しは成長したのかな…。

|

« 新たなる、ミカン箱 (まだ続く、ミカンネタ) | トップページ | 幼稚園見学会 »

ちはりの《一押しネタ》」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

とても難しい問題なのですね。。
それにしても、役所ってどうしてああも、適当なのでしょうね。
ほんと、あったまきちゃう。
そのくせ、自分の発言に、責任を持つことは皆無。
ひどいですよね。無責任すぎます。

私はまだ、お子がいない(そもそも結婚していない)ので、なんともいえないのですが、全てをその他動症っていうので片付けられない気がするのですよ。
環境の変化とかも関係するでしょうし。
私も、幼少の頃に親が離婚して、あるときを境に、無表情の子になっていましたし。
(今も結構、無表情で、たまに表情を作る練習をしています。)

でも、頑張りすぎないでくださいね。。
気を張りすぎると、辛くなってきますから・・・
では。すみません。こんなコメントで。。

投稿: ぷよ兄 | 2009年12月 9日 (水) 15時21分

こんばんは。記事拝見しました。
素人の自分には多動症ってどんな病気、どんな症状なのかよくわかりませんでした。そもそも多動症ってひとくくりにしていい病気なのかもよくわかりません。
息子が小学生の頃、同じ学校に通っていたダウン症の児がいました。同じクラスで仲良くしていたんですね。見えないところでいじめがあったかどうかはわかりませんが、クラス全員その児と仲良く付き合ってましたよ。
小学校卒業と同時にその子は障害児の学校に行ってしまいましたが、信頼できる友達ができれば、ダウン症の児でも多動症の児でも、普通に学校生活は送れると思いますけどね。
あっ、お母さんの苦悩はこんな問題じゃなかったですね。ごめんなさい、ピントが外れていて。

投稿: matsuyama | 2009年12月 9日 (水) 19時56分

こんばんわ。
>「こういうお子さんです」と、言ったのは、
これはひどいですよね。
親としては自分の子供の障害は受け入れ
たくないですよね。
わたしも上の子は健常でしたが下の子が…
○○症です。
認めたくなかったですが、見た目ではっきり
わかるのでどうしようもなかったです。
1歳半になったら手術します。

多動症だったとしても、治療で症状は
改善されるそうです。不治の病では
ないと思いますので悲観せずに
見守ってあげてください。

投稿: マリンドルフ | 2009年12月 9日 (水) 22時04分

すべての人ではないのですが、公務員さんってそういう人多いですね。でも、ママさん頑張り過ぎは合っているような・・・。
なんでも区別するような体制だけ早めてほしいし、もっと親身になって耳を傾けてほしいものですね。

投稿: エアロパパ | 2009年12月10日 (木) 14時47分

はじめまして、こんにちは。
多動症について調べていて
こちらのブログにたどりつきました。

確かに、言い方の問題ってありますよね。

私の甥っ子も多動症らしいのですが、
幼稚園の先生の気遣いの無い
発言に妹はいつも傷つけられているようです。

私から見ると甥っ子は
行動的で、好奇心旺盛で、
集中力が高く(執着心が強く)
人見知りせず誰にでも話しかける
とてもかわいらしい子で、
問題があるようには見えないのですが・・

知り合いの話では、幼い頃の多動症は
治ってしまえば、良いところしか残らず、
頭が良くなる可能性が高いのだとか。
実際、知り合いもそうですが、
執着心(集中力)も、好奇心も、、
その特徴は、学習を始める頃には
良い特徴となるのだと思います。

ネットの情報によれば、
サプリメントの食事療法などで
簡単に改善した例もあるみたいですね。
有害ミネラルをキレートサプリメントで
排出してしまう療法なのだとか。

病名が付いてしまうと病みたいに
思ってしまいますが、
私たちの小さい頃はそんな病名無かったはず。
それによりクラス分けもなかったわけで、
若干手かかるタイプの子で済まされていたわけです。

しかし 現在そのような症状に
病名がついたことで
認知度が一気に広がり
そのせいで区別されることもあるでしょうが、
逆に、自分の子が「理由なく扱いづらい子」
ではなく、「理由があったんだ」
ということが分かり、
それによって、早い段階から
治療なり、食事療法なり、
手を打つことができるようになったのだ
と考えると、
子供にとっては、
理由が分からず怒られる機会も減るし、
母にとっても、「なんでうちの子は・・」
と、無意味に頭を悩ませなくても済むようになります。

どんなことでもそうですが、
私はなるべく
良い方に良い方に考えるように
しようと思っています。

また、おじゃましますね。

投稿: 春 | 2012年6月 1日 (金) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035131/32545051

この記事へのトラックバック一覧です: 母は強し!!多動症が何さ!! 頑張るゾー おー!!!:

« 新たなる、ミカン箱 (まだ続く、ミカンネタ) | トップページ | 幼稚園見学会 »